stair

企業ログイン

インタビュー

インタビューインタビュー

INTERVIEWインタビュー

  • 2022.1.25
  • 学生インタビュー

体育会部活だからこそ、身につく責任感。

鏡原萌仁

上智大学 総合グローバル学部 硬式テニス部所属

中学3年生の時にオーストラリアでのホームステイを経験した際に、国際交流の楽しさを感じ、国際関係への興味関心が湧きました。その後、高3の受験生時に、国際関係が豊かで、グローバル思考の強い上智大学を目指し合格。総合グローバル学部に在籍し、アジアやアフリカ地域を中心に、文化や政治など様々ことを学んでいます。

FOLLOW US

  • twitter
  • Instagram
  • Facebook

学業とスポーツの両立

高校生の頃は軟式テニス部に所属していました。週3くらいで練習時間も短く厳しい部活ではありませんでした。しかし、クラスメートに比べ勉強時間は削られてしまうため、部活以外の時間をどれだけ有効活用できるのかを常に考えていました。高校2年生の頃から塾に通い、部活が終わった後は塾や学校の課題をこなし、通学時間の隙間時間も英単語の勉強に使っていました。

大学では硬式テニス部に入部しています。高校時代に比べ練習時間が長く、週末も試合で丸一日使う時もあります。しかし、高校時代と変わらず、部活以外の時間を有効活用するために、勉強に取り組む前に、まず何をすべきなのかしっかりと優先順位をきめてから何事も始めることを心掛けています。

体育会系部活に所属する意義

大学入学当初はテニスサークルに入ることも考えましたが、テニスにしっかりと打ち込みたいと考えた結果、体育会に所属したいと考え、また新しいことに挑戦したいと思っていたので、軟式ではなく硬式テニス部に入部しました。部活をこれまで続けて感じることは、人間的に成長できるというところです。先輩、後輩との上下関係、基本的な礼儀は高校時代と変わらないところですが、大学は高校とは異なり、何事も学生が中心で動かなければなりません。道具の跡片付けや、コート整備はもちろんのこと、使用する施設の申請や他大学との練習試合の日程調整などあらゆることを学生が行うので、責任感は人一倍身につく気がします。

部活動以外の学生生活

3年生の現在は、部活がない日は就職活動に明け暮れる日々ですが、1年生の時はアルバイトや友人と食事に行くことに時間を使っていました。アルバイトは1年生の時は塾で学生スタッフとして事務作業を行っていました。その後は現在まで、新聞社で全国各地から届くFAXをコピーして担当の方に渡したり、地域別に分けたりするなど主に補助的な役割をこなしています。業務上、社会人の方とお話しする機会が多くあるので、話すうえでの礼儀やコミュニケーション能力は、アルバイトを行っているうえで向上できるところかなと思っています。

就活への思いとstairへの期待

現在、就職活動を実際にしていて、ESや自己分析などあらゆることをこなすことに精一杯なので、アプリの中で自分のプロフィールを企業の方が見てスカウトしてくださったり、実際にコミュニケーションをとることができたりするととても嬉しいです。現在でも年齢の近い先輩とは交流がありますが、アプリの中でもOBOG訪問を手軽にできたりすると嬉しいと思います。

また、私と同じように、体育会に所属している他大学の学生と交流することができるところに魅力を感じています。

<経歴>鏡原萌仁(かがみはらもえと):上智大学 総合グローバル学部 硬式テニス部所属。中学3年生の時にオーストラリアでのホームステイを経験した際に、国際交流の楽しさを感じ、国際関係への興味関心が湧きました。その後、高3の受験生時に、国際関係が豊かで、グローバル思考の強い上智大学を目指し合格。総合グローバル学部に在籍し、アジアやアフリカ地域を中心に、文化や政治など様々ことを学んでいます。(取材日:2021年11月8日)

新着インタビュー

学生インタビュー 一覧 企業インタビュー 一覧

AMBASSADOR

stairでは、対象大学として参加する各大学体育会OB会様等を「stairアンバサダー」として連携することを順次進めています。こうした取組みから、学生の皆さまにおいてより最適な就活環境の提供を行います。

VIEW MORE  >