stair

企業ログイン

インタビュー

インタビューインタビュー

INTERVIEWインタビュー

  • 2022.1.27
  • 学生インタビュー

部活に所属して得た”体育会本部長”という貴重な経験

津田晃毅

関西大学 経済学部 拳法部及び体育会本部所属

中高時代は野球部に所属し、大学進学後も準硬式野球を続ける予定でしたが、自分が所属する学部のキャンパスと練習場がかなり離れていたため、他の競技を探していたところ日本拳法を見つけたので入部をしました。そして学業面では、中高と地元の公立に通い、大学受験後関西大学に進学しました。大学では経済学を学びつつ、統計について学ぶゼミに所属をしていました。

FOLLOW US

  • twitter
  • Instagram
  • Facebook

学業とスポーツの両立

まず、授業に必ず行くということは曲げずにやり続けました。練習等で忙しい時期もありましたが、授業優先で日々の生活を送るようにしていました。また自分自身、授業を欠席すると非常に罪悪感を感じてしまう性格なので休むことはなかったです。加えて、こまめに勉強し続けることも大切にしていました。例えば、寝る前の30分で講義の復習をしたり、課題も当日や次の日には終わらせるようにしたりしていました。

体育会系部活に所属する意義

体育会に所属して感じたことは、一般学生が経験できないことができたと思っています。日本拳法は個人競技なので部活動の練習や自主練習のメニューは基本的に自分で考えなければならないので、考える力が身に付いたと思います。また、拳法部に所属していなければ、体育会本部に所属し、体育会本部長として組織をまとめたり、イベントの企画をしたりすることもなかったと思うので、非常に意味のある経験が得られたと思います。さらに、拳法部や体育会本部の活動の中で、ともに体育会に所属する学生と親しくなり、交友関係が広がりました。

部活動以外の学生生活

部活動以外で力を入れたことは体育会本部での活動とアルバイトです。上記でも述べましたが、体育会本部では、約2700名の体育会に所属する学生をまとめる組織において本部長として活動していました。例えば、新入生に対する研修会や関西学院大学と関西大学の体育会が様々な競技で対戦を行う総合関関戦など1年に7つある行事の企画運営を行っていました。そして、アルバイトは今も甲子園のショップで働いていて、その中で学んだことは「わからないことはきちんと聞く」ということです。わからないまま放置せず、自ら聞き解決する姿勢が大切だと思っています。

就活への思いとstairへの期待

企業から学生にオファーがくるというサービスは他にもありますが、学生同士でコミュニケーションが取れるというのは他にはないstairの魅力だと思います。また、Twitterのように他の大学生の就活の動向や企業の情報を気軽に把握できるのも良さだと思います。さらに、中小企業やベンチャー企業の魅力や存在自体を理解できるのも良いと思います。

<経歴>津田晃毅(つだこうき):関西大学経済学部 拳法部及び体育会本部所属。中高時代は野球部に所属し、大学進学後も準硬式野球を続ける予定でしたが、自分が所属する学部のキャンパスと練習場がかなり離れていたため、他の競技を探していたところ日本拳法を見つけたので入部をしました。そして学業面では、中高と地元の公立に通い、大学受験後関西大学に進学しました。大学では経済学を学びつつ、統計について学ぶゼミに所属をしていました。(取材日:2021年12月15日)

新着インタビュー

学生インタビュー 一覧 企業インタビュー 一覧

AMBASSADOR

stairでは、対象大学として参加する各大学体育会OB会様等を「stairアンバサダー」として連携することを順次進めています。こうした取組みから、学生の皆さまにおいてより最適な就活環境の提供を行います。

VIEW MORE  >